今回はムーモの副作用について紹介します。

いくら除毛できても、肌が荒れてしまうような除毛クリームは使いたくありませんよね…。

結論から言うと、ムーモは非常に安全性が高く、肌に優しい除毛クリームです。

この記事ではムーモの成分効果やその副作用危険度などを一覧でまとめているので、一つ一つの成分をしっかり確認したい人はぜひ読んでいって下さいね!

安全性が高い!ムーモの最安値はここ!

成分名 副作用危険度 効果
チオグリコール酸カルシウム タンパク質を分解する力があり、これによって毛を溶かしてムダ毛を処理する働きがあります。
シア脂 人の皮膚が自然に生成する皮脂と非常に相性の良い飽和脂肪酸のオレイン酸が含まれています。
ダイズエキス ダイズ種子を水などで抽出して得られたエキスです。抗炎症作用、保湿作用のほか、美白作用にも優れています。
シソエキス(1) TNFという物質の産生を抑制して免疫系を調節し、アトピーなどのアレルギーや炎症を鎮める働きがあります。
水酸化カルシウム わずかに水に溶ける性質がありその水溶液を石灰水と言います。アルカリ剤やph調整剤として使用されています。
1,3-プロパンジオール 角層水分量増加による保湿作用や、抗菌・防腐による製品安定化剤として使用されています。
1,2-ペンタンジオール 皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用や、抗菌・防腐による製品安定化剤として使用されています。
グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル パラベンフリーや防腐剤を減らす目的で化粧品に配合されるベース成分です。
ポリオキシエチレンセチルエーテル 耐酸性、耐アルカリ性、耐熱性に優れたエーテル型非イオン界面活性剤で、親油性から親水性まであります。
ステアリルアルコール 脂肪族アルコールに分類され、白色顆粒状で水には溶けません。潤滑油、樹脂、香水、化粧品等に広く用いられます。
パラフィン 石油原油を蒸留した残滓を十分に精製して得られる固体の飽和炭化水素で、感触改良の為に使用されています。
流動パラフィン 化粧品・トイレタリー製品の原料、発泡スチロール・食品容器などの樹脂添加剤に使用される人にやさしいオイルです。
水酸化ナトリウム 強いアルカリ性の化合物。無臭です。常温では白い米粒状の固体で、 吸湿性が高いです。
1,3-ブチレングリコール 皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用や、TEWL抑制によるバリア改善作用などがあります。
香料 原料の嫌な臭いを覆い隠すマスキング効果や、微生物の繁殖を抑える防腐、防カビ効果などがあります。

※★1個:非常に安全 ★5個:非常に危険 
当サイトの判断基準により算定しています。

 

ムーモに含まれている全成分の副作用危険度と、その効果を一覧でまとめました。

ムーモには危険性の高い成分は使われていないので、肌の弱い女性でも安心して使うことが出来るでしょう!

また、moomoはISO9001認定取得工場で、丁寧に手作りで製造されています。

ムーモは、品質管理・衛生管理の面でも非常に信頼度が高い除毛クリームだと言っても間違いありません。

肌に負担をかけずにムダ毛をケアしたい人や、他の除毛剤で肌荒れしてしまった人も、ぜひムーモを試してみて下さいね!

ムーモが初回980円で購入できるのはここだけ!